住宅ローン審査の本音

マイホームを購入をしようかと悩んでいる時まず思う事は購入資金でしょう

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険を掛けます。
こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残りのローンの支払義務がなくなる。という保険です。人生で最も高い買い物といっても過言ではない、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。
これからローンを組もうと色々探しているという方も、借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。
近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。
理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。保険料や事務手数料などの保証料が圧倒的に安く、キャンペーンを上手く利用すればとてもお得です。
ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。
利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。
今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので別の目的があって申請した場合には、違反になります。ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。
万が一、こうした違反が発覚してしまった場合このような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので今後、後悔のない選択をしていきましょう。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.