フラット35というはどんな住宅ローン?

フラット35という名前の住宅ローンローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。という所を重点的に見る。
という点です。
色々な面から審査されるそうです。
近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。
親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、その内の一割を税金として支払うものです。
110万円以下であれば、税金はかかりません。この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。税金についてもう少し、調べておくと良いですね。将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。
特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、どれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、人気商品をいくつか比べることも出来るので試してみて下さい。
算出した数字は一つの判断基準としてとらえましょう。分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。
但し、注意点があるので気をつけましょう。一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。
全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと月々の負担が大きくなる可能性もあります。
物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.