住宅ローンの前につなぎ融資を受けなければいけない時がある?

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですが特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。
簡単にいうと、ローンが始まるまでの期間で不足しているお金を臨時で融資してもらう特別なローンの事を指します。
原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。
とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。
なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。頭金が無くても購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。月々の支払いを少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。繰り上げ返済をすることによって、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合その後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。何があるか分らないので、把握しておきましょう。第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.