2016年2月の投稿一覧

新築でも中古でも家を買う時には住宅ローンを利用することになるでしょう

新築でも中古でも家を購入する際には、ローンが必要となりますがとりわけ、つなぎ融資を利用している方も多いのをご存知ですか。こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、一時しのぎで借りるローンの事を指します。
普通は、家が建ってから住宅のためのローンが始まるのでそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。
注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。
なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。
近いうちに両親との同居を検討しているという貴方に、知らないと損をするかもしれない住宅ローンのご紹介です。規定として融資を得るためには、年齢が決まっているので年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。但し、親子リレー返済をして申請に通れば、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。自分の家を購入する時、現金で一括支払いをする。この様なパターンは、あまり多くありません。たいがいは、住宅ローンという借金をして購入します。
周囲で借金をする際、一番何が大変か?話を聞くと毎月の支払に関して大変に思う人がたくさんいます。
ローンの支払は長い月日し続けなければなりません。
支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますし人生は突然何かが起こるものです。けがや病気をするかもしれません。
ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどでしょう。こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.