住宅ローンにはフラット35というものがあります

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。という事です。このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが厳しい審査が待っています。フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。また、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。という所を重点的に見る。という点です。逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。
とても簡単に申請でき自宅近くの銀行などでも受付可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。
または、不動産屋から紹介される金融機関にするやり方もあります。
申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合10年間、控除を受けることができます。
その場合年末調整では受付不可なので確定申告で申告しなければいけません。
家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。
申し込みはお近くの銀行や信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。
ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。
大事な点は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。
また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も大事な審査の対象になりまので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申し込みをされると良いでしょう。
将来、中古でも新築でも家を購入される場合は申請する際に火災保険に加入する必要があります。家のローンも支払わなければならないのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。ですが万が一、火災で家を失ってしまった場合、保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残りいかなる理由があっても支払いを続けなければなりません。
もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していれば契約者であるあなたはもちろん、お金を貸した側も便利なのです。
なので是非、申込みをされる事をお勧めします。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.