住宅ローン返済がどのようにするようになるのか知りたければシュミレーションするといいでしょう

これから、マイホームを購入する予定のある方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、詳しく知りたい方はシミュレーションをお勧めします。
賞与などを利用した返済にするのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、住宅ローンの総返済額を把握できるのでとても便利です。どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、気になる商品があれば試してみると良いですね。
とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。
直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。
家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。
分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を間に合わせるために、利用する単発的なローンです。
原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているのでそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。
注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。
まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側から薦めなどはありません。基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.