住宅ローンの審査にはそれほどの違いはありません

住宅ローンを組む際はまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。
ですが、たくさんある金融機関の中からどこを選べば良いのか混乱してしまう事もあるかと思います。
選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも受付可能です。
しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり申し込みさえすれば通るだろう。といった物ではありませんので、注意してください。
家の購入で初めに思う事は資金繰りの事ではないでしょうか。一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。
ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。
支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。これは万が一のことがあって支払が出来なくなった時残った借金が0円になる。
という内容になります。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.