2016年3月の投稿一覧

マイホームを購入をしようかと悩んでいる時まず思う事は購入資金でしょう

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険を掛けます。
こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残りのローンの支払義務がなくなる。という保険です。人生で最も高い買い物といっても過言ではない、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。
これからローンを組もうと色々探しているという方も、借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。
近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。
理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。保険料や事務手数料などの保証料が圧倒的に安く、キャンペーンを上手く利用すればとてもお得です。
ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。
利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。このような調査結果も出ているので、一つの資料として参考にし今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。
今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。このローンの目的は、あくまでも住居を購入するためのものなので別の目的があって申請した場合には、違反になります。ですので、購入したい物件がいくらなのか?物件を扱う仲介者ともよく相談し決めなければなりません。
万が一、こうした違反が発覚してしまった場合このような契約を勧めた会社も営業出来なくなります。既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので今後、後悔のない選択をしていきましょう。

住宅ローン返済中に離婚することになったらそれからの返済はどうなる?

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。
まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、お互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。
家を売ってお金にするという方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。
よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。マイホームを持つ。というのはあこがれるものですよね。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。ですから、現金ですぐに支払いをする。
という様子は誰でもできる事ではありません。それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。
借金したいところを自分で選んでも良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋任せにしても良いと思います。住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、ローンの残額が無くなる。という保険です。これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。
こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでこのような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

住宅ローンは変動金利か固定金利かでも迷いますね

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。
何故ならば固定は、月ごとに決まった金額を返済すればすぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないためにあといくらローンが残っているのか明確な数字が分らないのです。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中ではおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。
住宅ローンを組むにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。
各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方は便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。
思いも寄らない収入が入りそのまま返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。
ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。
そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。
それでもまとめて返済をしたいという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。
近々、マイホームの購入を検討されている方やローン返済中の方もオーバーローンにならないように注意する必要があります。
どのような理由があるとしても家を購入するためのものなので、それ以外の目的で利用した場合、法律違反になります。なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?仲介に入ってくれる方にもよく確認しておきましょう。
もしも、法律違法な契約が見つかった時には間に入って商会した会社も最悪の場合営業出来なくなります。既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいのでこれからの事を十分考慮して考えましょう。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.