住宅ローン審査の本音

住宅ローン返済中に離婚することになったらそれからの返済はどうなる?

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、未払い分の返済の責任は誰にいくのでしょうか。ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。
まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、お互いが納得のいく内容で取り決めをしていく必要があります。
家を売ってお金にするという方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。
よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。マイホームを持つ。というのはあこがれるものですよね。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。ですから、現金ですぐに支払いをする。
という様子は誰でもできる事ではありません。それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。
借金したいところを自分で選んでも良いのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、不動産屋任せにしても良いと思います。住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、ローンの残額が無くなる。という保険です。これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。
夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちに癌だと診断されたら、その後の支払いはどうなるのでしょうか。一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約をしているご主人が死亡すると、お金が振り込まれます。申請した内容にがん保険が入っている場合もありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。
こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いのでこのような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

contents

HOME

未分類

カテゴリー

pagetop

Copyright(c)住宅ローン審査の本音. All rights reserved.